読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく山口の会

てくてく歩こう、どこまでも

5月3日 憲法記念日講演会 @山口市

5月3日、憲法は施行から69年を迎えます。
安保関連法案成立に続き、政府は「自民党憲法改正草案」を基本として、今の憲法を大きく変えようとしています。「国家緊急事態条項」など、大災害や海外からの武力攻撃などの緊急時には政府の権限を平時よりも強化し、私たちの基本的人権に大きな制約をかけるという「国家緊急事態条項」も議論を進めようとしています。

そんななか、東京電力福島第一原発事故により多くの市民が県内外に避難している福島県南相馬市では、桜井市長が「震災と原発事故で憲法が保障する健康で文化的な生活がかなえられない市民がいる。憲法とは何かを考えていただきたい」と、全戸に憲法の冊子を配布することになったそうです。すばらしい!

私たちの暮らしと人権を支える憲法のことを、今だからこそしっかり学んでおきたいものです。5月3日の憲法記念日には山口市内で二つの講演会が開催されます。時間帯もほぼ同じですから、どちらに行こうか迷ってしまいますが、どうぞお出かけください。

1)「憲法は今~ 私たち主権者はどうする?」
   宮尾耕二弁護士(奈良弁護士会
   地元バンド・北浦四人衆のうた、岩国基地騒音訴訟報告などもあります。
   日時:5月3日午後1時~4時
   会場:山口市民会館小ホール
   参加無料
   主催:2016憲法を守る山口集会実行委員会
   連絡先:山口第一法律事務所 でんわ 083-922-7600


2)「~あなたとともに憲法とともに~」
   足立修一弁護士(広島)
   上関原発岩国基地問題で代理人弁護士として住民に寄り添い奮闘。
   こうけつ厚さんの思いを聞く場も予定されています。
   日時:5月3日午後2時~4時45分
   会場:山口県教育会館
   資料代500円
   主催:憲法を活かす市民の会やまぐち
   連絡先:日本基督教団小郡教会(金澤)でんわ 083-972-2402
   
mainichi.jp