読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく山口の会

てくてく歩こう、どこまでも

原電を妨害する人は上関町に来ないで!

f:id:hinan-ijyu:20161022123740j:plain

22日(土)上関町で開催された「いのちの海を守れ!さようなら上関原発!10・22反原発デー県民集会」に参加しました。 時間があったので半島の先まで来てみると、噂に聞く「妨害する人は来ないで!」看板に遭遇。村岡知事が埋め立て許可を出した後、新しくされたらしいです。

この看板を立てた上関町まちづくり連絡協議会のサイトはこちらです。

上関みらい通信-上関町まちづくり連絡協議会(町連協)

上関のまちづくりのために原発を建てる、明るい未来が約束されているという、この団体のサイトや掲載されている「上関未来通信」を見ている限り、ここでは東京電力福島第一原子力発電所の事故が起こる以前のまま、時が停まっているかのようでした。

福島の浜通りの多くの人たちは、原発は安全だという東電や国からの情報を40年間信じ切っていました。絶対安全なはずの原発が事故を起こし、生活のすべてを奪われてしまってから騙されていたことに気づいたのです。

いったん事故が起これば町づくりどころではありません。町はおろか山口県全土、瀬戸内海、西日本全体が汚染されてしまう。この看板を立てた人たちは福島の原発事故がどれだけ悲惨な結果をもたらしているかなどと思いも及ばないのでしょうか。上関町の方々の選択ですべてが決まるわけではありませんが、少なくとも福島の原発事故で何が起こったか、今はどうなっているのか、もっともっと知っていただきたいと思います。